起業家を育む、支える。群馬が変わる。群馬イノベーションアワード2022
instagram
facebook
twitter
instagram
facebook
twitter

ニュース

NEWS

  • メディア掲載情報
  • 2022.09.17

応募総数522件 高校生8割、12月最終審査

GIAエントリー終了
 今年で10回目となる起業家発掘プロジェクト「群馬イノベーションアワード(GIA)2022」のエントリーが締め切られ、事務局は16日、応募総数が522件だったと発表した。前年より26件減ったものの過去3番目に多く、高校生が8割以上を占めた。今回は社会的弱者の支援や環境保護などの課題解決を目指す事業案が多く寄せられたという。
 起業や第二創業を目指す「ビジネスプラン部門」のうち、高校生の部は10件減の430件だった。大学・専門学校生の部は4件増の44件、一般の部は13件減の31件だった。
 創業5年未満の起業家が対象の「スタートアップ部門」は3件減の12件、創業5年以上の事業者を対象とした「イノベーション部門」は4件減の5件。
 プロジェクトを支援する金融機関「フィナンシャルサポーター」らが1次書類審査を行う。2次プレゼンテーション審査(10月22日、上毛新聞社)でファイナリストを選出し、ファイナルステージ(12月4日、日本トーターグリーンドーム前橋)で公開最終審査を行う。
 GIAは上毛新聞社が主催、田中仁財団が共催。「群を抜け。」のキャッチフレーズを掲げている。ジンズホールディングス、コシダカホールディングス、相模屋食料、オープンハウス、セガサミーホールディングスの経営者らでつくる実行委員会が中心となって実施している。
(寺島努)

22.9.17 上毛新聞掲載はこちら

  • instagram
  • facebook
  • facebook

主 催/上毛新聞社  共 催/一般財団法人 田中仁財団 

実行委員/ジンズホールディングス、コシダカホールディングス、相模屋食料、オープンハウスグループ、セガサミーホールディングス、上毛新聞社

特別協賛社/冬木工業、糸井ホールディングス、ファームドゥグループ、メイクワングループ、デロイトトーマツグループ

後援/経済産業省関東経済産業局、財務省関東財務局前橋財務事務所、群馬県、群馬県教育委員会、前橋市、高崎市、桐生市、伊勢崎市、太田市、群馬県商工会議所連合会、群馬県商工会連合会、群馬県経営者協会、群馬経済同友会、群馬県中小企業団体中央会、群馬中小企業家同友会、ジェトロ群馬、JICA、中小企業基盤整備機構関東本部、群馬県発明協会、群馬県産業支援機構

協力/NPO法人ぐんまCSO