起業家を育む、支える。群馬が変わる。群馬イノベーションアワード2019
instagram
facebook
twitter
instagram
facebook
twitter

ニュース

NEWS

  • メディア掲載情報
  • 2019.10.12

群馬イノベーションアワード2019 48組2次審査進出

起業家発掘プロジェクト「群馬イノベーションアワード(GIA)2019」(上毛新聞社主催、田中仁財団共催)の実行委員会は10月11日、1次審査(書類審査)の結果を発表し、計48組が10月27日に前橋市の同社で開かれる2次審査に進む。介護や健康、農業、食、災害対策など幅広いテーマのプランや事業実例が残った。
今年で7回目。部門別では、起業や第二創業を目指す「ビジネスプラン部門」で、高校生の部が16組、大学生・専門学校生の部が10組、一般の部が11組となった。創業5年未満の起業家を対象とした「スタートアップ部門」は6組、創業5年以上の事業者を対象とした「イノベーション部門」は5組が選ばれた。
今回は過去最多となる428件のエントリーがあり、プロジェクトを支援する金融機関「フィナンシャルサポーター」と実行委が審査した。
2次審査は、パワーポイントを使った3分間のプレゼンテーションで競う。実行委員長を務めるジンズホールディングス(同市川原町)の田中仁代表取締役CEOらが審査する。特別協賛社とパートナー企業、フィナンシャルサポーターの希望者も審査に加わり、実行委がファイナリストを決める際の参考資料とする。
ファイナリストとなった各部門・部の原則3組計15組は、12月7日に前橋市のヤマダグリーンドーム前橋で開催されるファイナルステージで公開最終審査に臨む。
2019.10.12 GIA2019 2次審査進出者(エントリー順)

  • instagram
  • facebook
  • facebook

【主催】上毛新聞社   【共催】田中仁財団

【実行委員】ジンズホールディングス、コシダカホールディングス、相模屋食料、オープンハウス、セガサミーホールディングス、上毛新聞社

【特別協賛社】冬木工業、糸井商事、ファームドゥグループ

【パートナー】相川管理、赤尾商事、赤城深山ファーム、アサヒ商会、アペックス、有賀園ゴルフ、石井設計、石川建設、うすい学園、エイチ・アイ・エス、オオラ美装、小淵警備保障、オルビス、共愛学園前橋国際大学、クシダ工業、クスリのマルエ、クライム、グルメフレッシュ・フーズ、群成舎、群馬トヨタ自動車、KJ Internacional、コーエィ、国際警備、COCO-LO、こもれび、三光ファーム、サントリー酒類、システム・アルファ、じぶんカンパニー、シムックス、ジャオス、ジャングルデリバリー、上越印刷工業、セントラルサービス、ソウワ・ディライト、大栄産業、ダイコー、高崎健康福祉大学、高崎佐藤眼科、高崎商科大学、タカラコーポレーション、田子会計事務所、中央カレッジグループ、ディーズ、永井酒造、中川原呉服店、西建、NEXUS、花助、ひかり税理士法人、美喜仁、HAWORD、富士スバル、プリマベーラ、ボルテックス、前橋園芸、宮下工業、メモリード (順不同)

【フィナンシャルサポーター】足利銀行、北群馬信用金庫、桐生信用金庫、群馬銀行、群馬県信用保証協会、しののめ信用金庫、大和証券高崎支店、高崎信用金庫、東京海上日動火災保険、東和銀行、利根郡信用金庫、日本政策金融公庫前橋支店・高崎支店、野村證券高崎支店、みずほ銀行前橋支店・高崎支店、みずほ証券高崎支店、三井住友銀行北関東法人営業第一部、三菱UFJモルガン・スタンレー証券前橋支店 (順不同)

【後援】経済産業省関東経済産業局、財務省関東財務局前橋財務事務所、群馬県、群馬県教育委員会、前橋市、高崎市、桐生市、伊勢崎市、太田市、群馬県商工会議所連合会、群馬県商工会連合会、群馬県経営者協会、群馬経済同友会、群馬県中小企業団体中央会、群馬中小企業家同友会、ジェトロ群馬、JICA、中小企業基盤整備機構関東本部

【協力】NPO法人ぐんまCSO